面接で聞かれること

風俗店に入店する際、一番の難関が面接だと思ってまず間違いはないでしょう。
とはいえ、基本的にやる気さえ感じられればまず落とされることはありません。
ですので、面接をすんなりパスできるように事前に聞かれるようなことの答えを用意しておいたほうがやる気の部分も相手に伝わるかと思われます。

では、面接で聞かれる主なことにはどういったことがあるのでしょうか。
まず、そのお店の店舗を知った経緯というのは確実に聞かれるでしょう。
風俗に限らずどの職種でもよく聞かれる質問の一つであり、面接官は「何がきっかけで店舗を知ったのか」というのは「どのように情報収集をしているのか」、「なぜ当店に応募したのか」などをチェックしているのです。

そして、そのままの流れで風俗業界の経験の有無が聞かれます。
もちろん、風俗業界未経験の場合でもスタッフの指導やマニュアルなどですぐにお仕事を覚えられるため嘘をつく必要も全くないのです。
また、新人風俗嬢は男性に人気が高く、指名が取りやすいというメリットもあるのです。
経験者は待遇やお給料の優遇を受けられることもありますので、経験の有無は正直に伝えれば何の問題もありません。

次に、「いつまでの期間にどのくらい稼ぎたいか」、というのは風俗の面接ではほぼ聞かれる質問になってきます。
目標を聞くと同時に、お仕事に対する熱意や前向きな姿勢かどうかにも注目しています。
ですので、大きな金額でも目標や野望を正直に話すことで、お店のスタッフも目標金額に合わせた出勤プランを提示してくれるはずです。
基本的に、風俗店は大体の場合自由出勤制度ですが、お店の都合やイベントのスケジュール調整もあるためあらかじめ勤務時間や出勤頻度を聞いてきます。
これに関しても無理してすぐに辞められるほうがお店も困りますので、無理のない範囲で出勤頻度を伝えればいいかと思われます。

次に、本人のパーソナルになる部分もここと聞かれることになります。
スリーサイズなんかもここで聞かれることになるはずです。
やはり、身体を使ったお仕事のため避けては通れない質問です。
面接で答えた内容がプロフィールに掲載される場合もありますので、サバを読まずになるべく正直に答えるほうがいいでしょう。

そして、NGプレイやNGのエリアなども同時に聞かれます。
NGプレイに関しては「どこまでのプレイなら可能なのか」、NGエリアなら「避けてほしい派遣先のエリア」などが聞かれるのです。
といったようなことは最低限面接で聞かれることになりますので、事前に答えは用意しておいたほうが面接もスムーズに行われるはずです。

面接当日

基本的に、どういった職種であろうが面接というものに合格をしない限りはその職場で働くことはできません。
これは風俗店でも同じことがいえます。
特に、風俗業界では女性が商品となりますので、特に面接での本人の見定めは重要となってくるのです。
ですので、面接の当日には特に気を使わなければならない部分も多くなってきます。

たとえば、服装には気を使ったほうがいいかと感じます。
とはいえ、一般企業の面接のようなビジネススーツでかしこまったり、反対にキャバクラ嬢のような胸元の開いたセクシーなドレスを着たり過剰なアクセサリーを身につける必要はないのです。
ですが、デニムやスウェット、サンダルなどのラフでカジュアルすぎるものは決してよくはありません。
靴はスニーカーよりヒールが好まれますので、男性とのデートを意識して清潔感や女性らしさにこだわったコーディネートを心がけたほうがいいでしょう。

ちなみに、面接当日に体験入店を希望する場合は上下揃った下着を着用しなければなりません。
Tバック着用が必須のお店もありますので、体験入店をその日に希望する場合は事前に確認したほうがいいかと思われます。
次にメイクなのですが、キャバクラ嬢のような派手なメイクをする必要は全くもってありません。
もちろんノーメイクはNGですが、あくまでもナチュラルに自分の良さを引き出せる程度のメイクで問題はないのです。

次に、こういった見た目以外の部分でも事前にチェックしておいたほうがいいものがあります。
たとえば、スマホやパソコンでお店のホームページにアクセスして、店舗のコンセプトや料金設定、オプション、どんな女性が在籍しているのかをチェックしておくとお店のイメージや雰囲気が掴みやすくなります。
それと、お店の店舗と面接場所が異なる場合もありますので、面接場所の事前確認も確実に必要となるはずです。

最後に、面接当日は事前に面接予約の電話やメールで決めた場所で待ち合わせをします。
待ち合わせ方法というのは大まかに2通りあり、面接場所で直接待ち合わせをする方法と、駅や面接場所付近で一旦待ち合わせてから面接場所まで移動するという方法です。
ここでスカウトマンの遭遇に注意が必要となります。
面接予約の際に指定された場所で待機していると、「お待たせしました」、「面接の方ですよね」とあたかも約束していたかのように話しかけてくる人がいます。
これから風俗店の面接に行く女性を横取りして、自分の贔屓にする風俗店へ連れて行こうとする悪質な手口になりますので、見ず知らずの人に声をかけられても気安く着いていかないようにしなければなりません。

面接に必要なもの

風俗店で働くことの最大のメリットに、効率よく高収入が得られるということが一番に挙げられてきます。
風俗のお仕事というのは男性客に性的サービスを提供しますので、その分の対価として高収入が得られるとされているのです。
ということもあり、今では風俗店で働きだす女性の数も年々増えていっているようにも感じます。

まず、風俗店で働くこと自体はそこまで高い壁はないのですが、正式にお店へ入店となるまでの流れというのは最低限知っておいたほうがいいのではないかと感じます。
コンビニや居酒屋のように、履歴書だけを持って面接を受け、採用となればいつから出勤するのか、というような簡単なものでもないからです。
特に、これが風俗業界初心者の女性となればなおさら知っておくことが大事だと思われます。

基本的に、風俗の面接では履歴書というもの自体こちらから用意する必要がありません。
なぜなら、風俗店が学歴や職歴、資格などを採用基準としないためです。
基本的に重視されるのは人柄や容姿、お店の雰囲気やコンセプトに合うかどうかで合否が決まります。
ただ、高級店では稀に履歴書の提出を求められる場合がありますので、事前に確認しておいたほうがいいかもしれません。
ちなみに、履歴書不要で気軽に求人応募できる業界なのですが、たった一つだけ面接時の必須品があります。
それは公的身分証明書であり、この身分証がなければ風俗店に入店することはできないのです。
なぜ身分証が必要なのかといえば、それは法律によって定められているためなのです。
風営法という法律によって、風俗店での面接の際には身分証の提示が義務付けられています。
したがって、身分証を確認しない風俗店は違法店であり、面接当日に身分証を提示できない女性に対して有耶無耶にする場合も違法店の可能性が高いといっていいでしょう。

そこで、身分証によってチェックされるポイントが3つほど存在してきます。
まず、面接官は応募者が本人であるかどうかの確認を行いますので、そのため顔写真付きの身分証が必要となります。
次に確認されるのは生年月日であり、風俗店で働けるのは18歳以上からと決められているのでその点を確実にチェックされます。
これは、デリヘルやソープランドといった風俗店だけではなく、キャバクラやスナックなどの水商売やパチンコ店、ダーツバーなど娯楽施設の風営法が適用される職場でも同じなのです。

仮に18歳未満の女性を採用して働かせた風俗店は摘発され、営業停止処分と刑事処分を受け働いた女性にも前科がつく可能性があるのです。
そして最後に本籍地の確認を行います。
日本人であるのでしたら何ら問題はないのですが、外国人となればこれにプラス外国人登録証や在留カードなど別途に書類などが必要となってきます。