面接当日

基本的に、どういった職種であろうが面接というものに合格をしない限りはその職場で働くことはできません。
これは風俗店でも同じことがいえます。
特に、風俗業界では女性が商品となりますので、特に面接での本人の見定めは重要となってくるのです。
ですので、面接の当日には特に気を使わなければならない部分も多くなってきます。

たとえば、服装には気を使ったほうがいいかと感じます。
とはいえ、一般企業の面接のようなビジネススーツでかしこまったり、反対にキャバクラ嬢のような胸元の開いたセクシーなドレスを着たり過剰なアクセサリーを身につける必要はないのです。
ですが、デニムやスウェット、サンダルなどのラフでカジュアルすぎるものは決してよくはありません。
靴はスニーカーよりヒールが好まれますので、男性とのデートを意識して清潔感や女性らしさにこだわったコーディネートを心がけたほうがいいでしょう。

ちなみに、面接当日に体験入店を希望する場合は上下揃った下着を着用しなければなりません。
Tバック着用が必須のお店もありますので、体験入店をその日に希望する場合は事前に確認したほうがいいかと思われます。
次にメイクなのですが、キャバクラ嬢のような派手なメイクをする必要は全くもってありません。
もちろんノーメイクはNGですが、あくまでもナチュラルに自分の良さを引き出せる程度のメイクで問題はないのです。

次に、こういった見た目以外の部分でも事前にチェックしておいたほうがいいものがあります。
たとえば、スマホやパソコンでお店のホームページにアクセスして、店舗のコンセプトや料金設定、オプション、どんな女性が在籍しているのかをチェックしておくとお店のイメージや雰囲気が掴みやすくなります。
それと、お店の店舗と面接場所が異なる場合もありますので、面接場所の事前確認も確実に必要となるはずです。

最後に、面接当日は事前に面接予約の電話やメールで決めた場所で待ち合わせをします。
待ち合わせ方法というのは大まかに2通りあり、面接場所で直接待ち合わせをする方法と、駅や面接場所付近で一旦待ち合わせてから面接場所まで移動するという方法です。
ここでスカウトマンの遭遇に注意が必要となります。
面接予約の際に指定された場所で待機していると、「お待たせしました」、「面接の方ですよね」とあたかも約束していたかのように話しかけてくる人がいます。
これから風俗店の面接に行く女性を横取りして、自分の贔屓にする風俗店へ連れて行こうとする悪質な手口になりますので、見ず知らずの人に声をかけられても気安く着いていかないようにしなければなりません。