面接で聞かれること

風俗店に入店する際、一番の難関が面接だと思ってまず間違いはないでしょう。
とはいえ、基本的にやる気さえ感じられればまず落とされることはありません。
ですので、面接をすんなりパスできるように事前に聞かれるようなことの答えを用意しておいたほうがやる気の部分も相手に伝わるかと思われます。

では、面接で聞かれる主なことにはどういったことがあるのでしょうか。
まず、そのお店の店舗を知った経緯というのは確実に聞かれるでしょう。
風俗に限らずどの職種でもよく聞かれる質問の一つであり、面接官は「何がきっかけで店舗を知ったのか」というのは「どのように情報収集をしているのか」、「なぜ当店に応募したのか」などをチェックしているのです。

そして、そのままの流れで風俗業界の経験の有無が聞かれます。
もちろん、風俗業界未経験の場合でもスタッフの指導やマニュアルなどですぐにお仕事を覚えられるため嘘をつく必要も全くないのです。
また、新人風俗嬢は男性に人気が高く、指名が取りやすいというメリットもあるのです。
経験者は待遇やお給料の優遇を受けられることもありますので、経験の有無は正直に伝えれば何の問題もありません。

次に、「いつまでの期間にどのくらい稼ぎたいか」、というのは風俗の面接ではほぼ聞かれる質問になってきます。
目標を聞くと同時に、お仕事に対する熱意や前向きな姿勢かどうかにも注目しています。
ですので、大きな金額でも目標や野望を正直に話すことで、お店のスタッフも目標金額に合わせた出勤プランを提示してくれるはずです。
基本的に、風俗店は大体の場合自由出勤制度ですが、お店の都合やイベントのスケジュール調整もあるためあらかじめ勤務時間や出勤頻度を聞いてきます。
これに関しても無理してすぐに辞められるほうがお店も困りますので、無理のない範囲で出勤頻度を伝えればいいかと思われます。

次に、本人のパーソナルになる部分もここと聞かれることになります。
スリーサイズなんかもここで聞かれることになるはずです。
やはり、身体を使ったお仕事のため避けては通れない質問です。
面接で答えた内容がプロフィールに掲載される場合もありますので、サバを読まずになるべく正直に答えるほうがいいでしょう。

そして、NGプレイやNGのエリアなども同時に聞かれます。
NGプレイに関しては「どこまでのプレイなら可能なのか」、NGエリアなら「避けてほしい派遣先のエリア」などが聞かれるのです。
といったようなことは最低限面接で聞かれることになりますので、事前に答えは用意しておいたほうが面接もスムーズに行われるはずです。